スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - | - |

原付のフォーク部分が曲がってしまった場合の対処



 原付で、万が一事故に会い、原付のフォーク部分が曲がってしまったらどうしますか?
フォークが曲がってしまうと、酷く左に行ってしまい、ハンドルもだいぶ高めに感じてしまうでしょう。
この場合、一刻も早く修理が必要になってきますが、では修理を必要最低限の費用で済ませるためにはどのような方法をとればいいのでしょうか?


まず、中の部品がそれほど損傷していないようでしたら、近くの板金屋などに行って、フォークを修正してもらえばいいでしょうね。
この方法が一番手っ取り早く、かつ安く済む方法かと思いますよ。


しかし、フォークは操作系の部位としてかなり重要な部分です。
なので、修正よりも取り替えた方がいいのかも知れませんね。


その場合は、解体屋さんに行って、同じ車種のフォークを探してみるのはいかがでしょうか。
うまくいけばタダで手に入りますからね。 
ただ、たまに不良品を高値で売る人もいるそうなのでその点は注意が必要です。


また、互換性のある機体(例えばYAMAHAのJOGなら、同じYAMAHAのアプリオとかZXなど)と付け替えるかですね。
あるいは、新品の部品を注文して自分で直すという手もないわけではありません。


あとは、バイク屋でフロントフォークを安価で売ってもらえるケースもあるようですね。
その場合、バイク屋の人にやってもらえるので安心です。
フォークの価格は15000円程度、工賃は8000円程度で行ってもらえるようです。


 

posted by: taka-shuri | - | 11:21 | comments(0) | trackbacks(0) | - |

原付の後輪ブレーキの修理

 原付の後輪ブレーキが最近効かなくなってきたと感じたら、速やかに修理をしましょう。
そのままは本当に危険です。


後輪ブレーキが効かなくなってきた原因ですが、ブレーキワイヤーの引き摺りはないでしょうか?
ワイヤーがヘタってきますと効きが悪くなったりするんです。


なので、まずはブレーキシューを部品屋さんなどで買ってきましょう。
2000円くらいで購入できると思います。


ここから修理の手順です。
まず、右側のモールを外して、あとは面倒にならないようにメットインも外してしまいましょう。
そして、マフラーを外します。
それから、ホイールのロックナットは21mmだったと思いますけど、これも外します。
次にホイールが回らないよう、ブレーキをちゃんとかけて回しましょう。
工具は1000円未満のソケットセットでは、若干耐久性が心配なので、大きいメガネレンチを1本買っておいた方が良いかもしれませんね。


シャフトやホイールが錆びや熱で固着して取れにくいかもしれませんが、ハンマーでたたいたりして浸透させつつゆっくり作業して外しましょう。
ハンマーで叩きすぎるとネジが潰れて大変なことになりますからね。


ホイールが外れたら次にドラムの中を掃除してあげましょう。
この際、油分をとるために、まずはガソリンで洗い、次に中性洗剤で洗うと良いと思います。


新しいシューは角を100番くらいのペーパーで面取りをしておくと鳴いたりしませんよ。


さて、シューの交換です。
まず、ブレーキの調整ネジを目いっぱい緩めてブレーキカムをフリーにしてあげましょう。
その状態で両方のシューを上のほうに起こして外します。
そして、スプリングを新しいシューに付け、逆の手順で組み付ければ完了です。


 

posted by: taka-shuri | - | 09:37 | comments(0) | trackbacks(0) | - |

プーリー交換に必要な工具とは?



原付に乗っている人で、CDIしか付けていなくて、ハイスピードプーリーを取り付けたい!という人、居るでしょ!
その場合、プーリー交換修理には特別な工具が必要!という話を聞いたことがあるかもしれません。


では、原付のプーリー交換修理をするためにはどのような工具が必要なのか、そして、それはどのようなお店で売っていて値段はいくらほどするのか?
紹介しましょう。


まず、プーリーを取り付けたりするには、プーリーホルダーという工具が必要となります。
これは南海部品などで、デイトナのもので4000円くらいで売っています。
あと、オイルフィルターを外す工具などでも大きさが合えば代用できるみたいですね。
こちらは1000?2000円くらいで購入できます。


また、インパクトドライバー、ステーメガネレンチの2つのみで行なう方法もあります。
やり方はまず、ローター側(クーリングファン側ですね)のクーリングファンを取り外します。
そして、ファンのネジとクランクケースのネジをステーを使ってクランク(ローター)が回転しないよう固定してください。


後はインパクトドライバーを使って駆動ケースを開けてプーリーのセンターのナットを外します。
これならステー1本分なのでほとんどお金がかかりませんよ。
ただ、ケースを外すにはインパクトドライバーは必須なのでその点は注意が必要です。


経済的には後者がいいですが、お好きな方法でプーリー交換をしてください。

 

 

posted by: taka-shuri | - | 22:44 | comments(0) | trackbacks(0) | - |

原付の修理価格って?



 自分で原付の修理やメンテナンスをしたいけれど、イマイチ自信がない!
という方も多い事かと思います。
そんなときにはやはりバイク屋さんに持って行きたいところですが、原付の修理やメンテナンスって一体どれくらい費用がかかるのか、不安ですよね。
少し調べてみましたので参考にしてみて下さい。



まず、オイル交換ですが1000円程度で済むようですね。
車種によってもう少し安くしてくれるところもあるようです。
例えば、チョイノリは500円、みたいな感じですね。


タイヤ交換は前後輪両方で5500円くらいが多いようですね。
前輪と後輪では値段が違っていて、後輪のほうが若干高いみたいです。


バッテリー関係は充電が1000円程度、交換が5000円程度です。


パンク修理は大体1000円程度でやってくれます。
タイヤの空気圧調整は無料でやってくれるところが多いですね。 


マフラー交換は10000円くらいはするようです。
エンジン焼き付き・ピストン交換も12000円ほどかかるので結構値は張りますね。


そのほかには、ヘッドライトバルブの交換が1000〜3000円程度、ブレーキパッドの交換が4000円程度、ウインカー・テールバルブ交換が500円程度のようです。


このようにバイク屋さんに持っていけばしっかり修理してくれますので、異常があった場合には気軽に持っていくといいでしょう。


 

posted by: taka-shuri | - | 10:05 | comments(1) | trackbacks(0) | - |

原付のフューエルコックが不調な場合には

 原付にはフューエルコックという部位があります。
この原付のフューエルコックの調子が悪い場合、どのような修理や対処法を施せばよいのでしょう?
それについて簡単にですが説明していきます。


まず、何故このような事が起こるのかというと、やはりストレーナーもしくはフィルターの汚れ、また、負圧ホースの詰まりなどによるものでしょう。


コックの部分には、丸い形のお椀か湯飲みのようなものが付いています。
これを取り外せばゴミが出てきます。
そして、これをきれいに掃除して、Oリングも新品のものに交換してみましょう。
またフィルターですが、ガソリンタンクを取り外してガソリンを全部出してみてください。
そしてタンクからコック自体を取り外しますとフィルターが出てきます。


そしてコックに繋がっている細いホースがありますが、これを辿っていくとキャブあるいはインマニに繋がっているはずです。
これが詰まってはいないか、亀裂が入っていないか、また、何かに挟まれていたりしないかを確認してみてください。


コックがしっかりと機能しているかを確認するには、コックの太い方のホースを外し、ガソリンが出てこないかを確認します。
そして細い方のホースに別のホースをつなげ、口で吸ってみましょう。
ここで太い方から燃料が出てきたら正常に機能しているという事です。
万が一出てこない場合ですが、修理することも可能ではありますが、交換したほうが早いでしょうね。

posted by: taka-shuri | - | 13:52 | comments(0) | trackbacks(0) | - |

原付のバッテリー交換法について



 原付のバッテリーがすぐに弱ってしまったり、セルの回りが弱いと感じた場合、バッテリー交換を行いましょう。
私も先日、バッテリーの交換修理を行ってみました。
その様子を書いてみることにします。

私が使用している原付スクーターはNONDAのDIOで、2stエンジンで49ccになります。
新たなバッテリーはヤフーオークションにて格安で入手したバッテリー(GT?4LBS)を使用します。

では、バッテリー交換修理について順を追ってみていくことにします。

まず、メットインをオープンし、バッテリー格納庫を開くとバッテリーとご対面できます。
これと同時進行で新たなバッテリーに、電解液を注射しました。
これを入れると、充電済みバッテリーが完成します。

さて、古いバッテリーを外しますが、マイナスアースですのでマイナス端子から外します。
プラスから外すと、ショートする危険性がありので要注意。
古いバッテリーは結構汚れていました。

あとは、逆の手順で新たなバッテリーを収納しましょう。
この際取り付けるときはプラス端子から行うように注意しましょう。
これで修理は完了となります。

交換後は、30分くらい走行しておけばバッテリーもだいぶ充電されます。
このバッテリー交換修理によってセルが快適に回るようになりましたね。
交換すると結構違うので、皆さんも少しでも冒頭のような症状があるなあと思ったらバッテリーを交換してみてはいかがでしょう。


 

posted by: taka-shuri | - | 14:54 | comments(0) | trackbacks(0) | - |

スピードメーターが壊れた場合の修理について



 原付に乗っている際、スピードメーターが走行中でもずっと0km/hで全然上がらない・・・
という症状が起こってしまったという方もいるでしょうね。
このようなことが起きる原因は、メーターの裏側か前のホイールの付け根部分にメーターケーブルワイヤーというものが繋がれているのですが、そのどちらか緩んでいるもしくは外れているかです。

その場合の原付の修理ですが、ケーブルの端のギザギザした箇所を回してやれば簡単に締まりますので試してみて下さい。
万が一、両方締めたのにメーターが「0」のままだという場合は、ケーブルが切れている事が考えられますので速やかに新品のものを購入し、交換して下さい。

また、この交換修理は車種によって難易度が異なるので注意が必要です。
どちらかというとスクータータイプのものよりもモンキータイプのもののほうが難易度は易しいかと思われます。

自分で修理をするのがイマイチ自信がないという方はバイク屋さんに頼むのがいいです。
カウルとかが邪魔で結構うっとうしいので、バイク初心者が自分で交換するというのは結構大変ですからね。
バイク屋さんに頼んだ場合、修理費用はおよそ3000〜5000円くらいでしょうかね。
1万円以上はまずないでしょう。

とりあえずメーターがずっと0のまま走行するというのは危険も伴いますので、一刻も早い処置を行いましょう。


 

posted by: taka-shuri | - | 10:09 | comments(0) | trackbacks(0) | - |

キャブを開けた後、エンジンがかからない際の対処法。



 原付のキャブを開けた後、エンジンがかからないという経験をした人もいますよね。
そのような場合の原付の修理や対処法は何かあるのでしょうか。

まず、キャブを開けた後にエンジンがかからない原因にはいろいろです。
燃料がキャブに行っていないと思われる場合の修理には、アイドリングの調節ねじを調整し、アイドリングを最低にします。
つまりはスロットルバルブが閉まるようにするわけです。
アイドリングを最低にしてからキックすれば、キャブ内の負圧が大きくなり燃料がキャブに行く確率が高くなります。

しかし、このままではエアーは行きません。
なので、何回かキックした後にスロットルを若干空けながらエンジンをかけてみるといいでしょう。
私がこの方法を試してみたら一発でかかりました。

また、もうひとつ紹介する方法は結構大胆なものですが、紹介してみます。
キャブへのパイプをガソリンタンクから外して、そこから、刺身などを買ったら付いてくる醤油入れを用いて、無理矢理ガソリンを入れていくのです。
入れていくと、やがて止まります。
そしてキックをしてみると、なんと1、2発でエンジンがかかってしまうんです。
最初はかぶりますけど、少し走ればたちまち絶好調です。

念の為に、入れるガソリンには少量の2stオイルを混ぜておくといいでしょう。
この方法は大胆ですがなかなか意外に有効な方法だと思います。
是非試してみて下さい。

 

posted by: taka-shuri | - | 10:07 | comments(0) | trackbacks(0) | - |

カウルのツメが折れてしまった場合の修理法。



 原付のボディーサイドのツメが折れてしまった!といった経験はありませんか?
ツメが折れると、どうしてもサイドカバーが外れてしまいます。

この場合の修理はどうすれば良いのでしょう。

そこで、ホームセンターなどに売っているプラバン。
アクリルのものと塩ビ板を購入して両方を試してみた結果、アクリルのものはパキッと折れてしまい失敗でした。
塩ビ板は問題なかったので、塩ビ板がいいです。
ただ、塩ビの場合だと接着剤が特殊なので、通常のボンドだとうまくくっつかない事があるので、とりあえずはボンドを仮止め用に使います。

さて、具体的な修理の手順ですが、まず、塩ビ板を買ってきて(30cmx30cmぐらいのもの)幅1cmくらい(ツメの幅くらい)長さ3〜4cmにカットします。
そして、その先端部5mmから1cmくらいの箇所を、ドライヤーなどの熱風で温め、L型に曲げていきます。
この場合、ハンダゴテではダメなので注意して下さいね。
そして、それをボディー内部のツメの折れた箇所にボンドで仮止めします。

後は、ハンダゴテを使用して端部をしっかりと溶着します。
この際、くれぐれも位置決めを確実にしましょう。
後は、ボディーの表面が熱でデコボコにならないようにも注意が必要です。

そして、原付のボディーの組み立てを行って修理完了です。
もしツメが長いようであるならば爪切りなどを使って適当にカットして下さい。

この方法で修理費は浮きますね。

 

 

posted by: taka-shuri | - | 01:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - |

キックペダルが戻ってこない場合の処置とは?



 原付のキックペダルをキックした際、キックペダルが戻ってこない、または、キックペダルを踏む時に硬く(重い)て、離すと戻るのが遅い、という経験はありませんか?
そのような事が起こった場合、原付の車体のどの部分をどのように修理したらいいのでしょうか?

そのような場合の修理法ですが、例としてJOGのケースですと、まず、クランクケースカバーを外します。
そして、キックギアの一部分がドーナツ状の円形になっているパーツを引き抜いてみましょう。
その際はキックをおろしながら引き抜くと結構簡単にできます。
JOGを例に出しましたが、DIOや他のメーカーの車種でも同様のようなものですの、ぜひ、で試してみてください。

パーツを引く抜くと、今度は金具を外側の方向に広げて下さい。
これは中の金具が軽く回るようにする為ですね。

最後ですが、金具と押さえの隙間にグリスを塗ります。
冒頭のような症状が起こってしまうのがグリス切れの可能性が高いわけですからね。
グリスが家にない!という方はホームセンターなどで安価で手に入りますので、購入しましょう。
この場合、CRCなどの潤滑剤ですと、すぐ乾いてしまうのでこれは使用しないようにして下さいね。

取り付けはキックペダルをある程度おろした状態にして、それからギアを取り付けるのが好ましいです。
取り付ける前に手を使ってキックペダルを動かしてみてください。
それでスムーズに動くようであるならば完成ですね。
結構簡単ですよね。


 

posted by: taka-shuri | - | 13:12 | comments(0) | trackbacks(0) | - |