<< チューブレスタイヤのパンク修理法 | main |

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - | - |

チューブ入りタイヤのパンク修理法

 チューブが入っている原付タイヤのパンク修理について解説してみましょう。
チューブ入りの原付車種は、今では随分少なくなりましたね。
ホイールが錆びていたり、歪んでいたりする場合、チューブレスホイールであってもチューブを入れるケースもあります。
 
チューブの場合は、基本的にはホイールを取ることです。
まず、空気注入口のネジ部分が見えるでしょうか?
 
サスの部分で止まった状態の、ボルトを外します。
トルクがかかっていますので、レンチを使った方が簡単です。
 
ボルトが取れましたら、今度はシャフトを抜きましょう。
硬い場合は、プラスチックハンマーを使うのがいいですね。
 
それから、タイヤの空気を抜いて、ビートを落とし、片方だけホイールから外します。
次に空気注入口のネジを取って、チューブを取る準備をし、チューブを引っ張り出し、完全に取り出してください。
 
そして、チューブに空気を入れ、穴を探します。
コンプレッサーを用いてスマートにやっていきたい作業ですね。
 
穴を確認次第、穴の付近をしっかりペーパーをかけ、油分や汚れを落とします。
次にのりをしっかり塗り、乾かしてください。
乾かしているは、刺さっているものを探し、あれば抜いておいてくださいね。
 
さて、およそ10分ぐらい乾かすと、今度は補修パッチを張りましょう。
ゴシゴシしごき、しっかりなじませてください。
 
そして、透明フィルムを剥がして、再度空気を入れ、確かめます。
最後にタイヤに空気を入れ、外したように組み付けたらパンク修理完成です。
 
 
posted by: taka-shuri | - | 14:27 | comments(0) | trackbacks(0) | - |

スポンサーサイト

posted by: スポンサードリンク | - | 14:27 | - | - | - |
コメント
 









トラックバック
 
http://taka-shuri.jugem.jp/trackback/21