<< 原付のガソリンが漏れている際の対処 | main | タイヤのパンク状況を確かめよう >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - | - |

原付のタイヤのパンク修理に必要な工具

 原付のタイヤがパンクした際、自分で修理をするには、どんな工具が必要なのでしょう。
実はパンク修理は単純なものに見えて最も工具が必要な面倒くさい修理なんです。
 

まず、タイヤレバー2本です。
これはタイヤレバーでなくてもバールでもよいです。

 
次に市販のパンク修理セットです。
ホームセンターなどで簡単に手に入ります。

 
あとはコンプレッサー、インパクトレンチなどですね。
コンプレッサーとは何かというと、空気を圧縮するもので、工場など様々な場面で使われています。
また、インパクトレンチとは、打撃力を活用してネジ締めを行う工具です。
ナットやボルトを回すとき、手で回すよりも楽に大きなトルクをかけることができるのです。
このインパクトレンチはエアーでも電動でもどちらのものでも構いません。

 
勿論、このほかにもスパナ・ドライバーだとかレンチセットなど基本的な工具が必要となります。

 
このような工具が必要となってくるわけですが、普段修理をしたりしない方には初めて耳にする工具もあるでしょう。
当然、あらかじめ持っているわけもない工具なんですが、実際自分でやる場合には絶対に必要な工具です。
たかがパンク修理ですが、さきほども言った通り、様々な工具が必要で手間がかかる修理になります。

 
なので実際、工具を揃えるのが面倒だったり、修理に自信がないという人は素直にバイク屋さんに持っていって、修理してもらうのが一番手っ取り早いかもしれません。

 

 

posted by: taka-shuri | - | 12:10 | comments(0) | trackbacks(0) | - |

スポンサーサイト

posted by: スポンサードリンク | - | 12:10 | - | - | - |
コメント
 









トラックバック
 
http://taka-shuri.jugem.jp/trackback/18