<< 初心者でも原付の点検・修理を自分でする | main | 原付のヘッドライトがつかない >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - | - |

原付のホーンの交換をする場合

 みなさんは原付のホーンってどれくらい使いますか?

私は正直なところ一ヶ月に一回使うか使わないかって感じです。
よほど危ない運転をする車に遭遇したときとか、あとは知り合いなどを見かけたときくらいでしょうかね。


ちなみにホーンが正常に鳴らないと、違反で切符を切られることもあります。
なので、ホーンが鳴らない場合は一応鳴るようにして修理しておかないとダメなわけです。


ホーンが鳴らない場合は、ホーンを交換してしまうのが一番てっ取り早いです。


バッテリーが弱ってホーンの音が弱い場合は、バッテリーの充電あるいは交換が必要です。
ホーン自体は、交換するときは純正品が一番いいでしょう。
なので、バイク屋で部品を注文するのがいいです。


ライトとかウインカーなどの交換よりは簡単です。
なので、それらが普通にできる方なら説明は不要でしょう。


でも、そうでない方のために説明をしておきます。
まずは、バイク屋で自分の原付の車種に合う純正ホーンを注文します。
部品が届き次第、スクーターの場合は、フロントカウルのボルト、ネジを外して、フロントカウルを外してください。
かなり目立ちますので、すぐにホーンがどれかはわかります。
ドライバーやスパナで簡単に外せるので、簡単に交換できると思います。


カウルを取り付ける前には、キーを回し、ホーンが正常に鳴るかを確認します。


無事鳴ったら、カウルを取り付け、修理完了!
驚くほど簡単なんです。


 

posted by: taka-shuri | - | 17:11 | comments(0) | trackbacks(0) | - |

スポンサーサイト

posted by: スポンサードリンク | - | 17:11 | - | - | - |
コメント
 









トラックバック
 
http://taka-shuri.jugem.jp/trackback/14