<< 原付の修理に用いる工具について | main | 原付のホーンの交換をする場合 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - | - |

初心者でも原付の点検・修理を自分でする

 原付の点検や修理をする場合、バイク屋に持ち込めば楽ですが、自分で出来るところは節約の為にも、なるべく自分でやりたいですよね。
では、原付の扱いに関して素人であっても修理や交換が可能な箇所はなにかあるでしょうか。


まあ、何が出来るかというのは素人の程度次第なのですが、ド素人でも出来ることなると以下のことでしょうかね。


・プラグ交換
・CDI交換
・エアクリーナー清掃
・タイヤ空気圧点検


ド素人とまではいかなくてもどちらかというと素人という場合は以下のことまではなんとか可能かもしれません。


・ブレーキパッド交換
・プーリーやベルト周り交換整備

また、人によっては次のことも可能ですかね。

・シリンダー周り分解組み立て
・ブレーキ周り分解組み立て


しかし、クランクまで手を出すには相当の知識や経験が必要となりますね。


初心者の方は、まずは一番上の比較的簡単に出来ることをやってみましょう。
それでも改善しない場合は、マフラーやシリンダー周りといった順番でやることになると思いますね。


ノーマルスクーター系におけるパワーダウンの多くはマフラー詰りが原因で、交換が一番手っ取り早いです。
まあ、焚き火にくべて30分ほど焼いてみるとある程度の回復が望めるのですが、周りのステンカバーが黒焦げになってしまって汚いでしょうね。


後はよく気が付かずに乗っているのは、ヘッドガスケットの吹き抜けですね。
ノーマル+CDI変更くらいでも比較的簡単に吹き抜けます。
これをチェックするためにはエンジンヘッドを外さないと分かりませんので、そこそこ詳しくないと大変な作業になります。


posted by: taka-shuri | - | 12:34 | comments(0) | trackbacks(0) | - |

スポンサーサイト

posted by: スポンサードリンク | - | 12:34 | - | - | - |
コメント
 









トラックバック
 
http://taka-shuri.jugem.jp/trackback/13