<< 原付の後輪ブレーキの修理 | main | 原付の修理に用いる工具について >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - | - |

原付のフォーク部分が曲がってしまった場合の対処



 原付で、万が一事故に会い、原付のフォーク部分が曲がってしまったらどうしますか?
フォークが曲がってしまうと、酷く左に行ってしまい、ハンドルもだいぶ高めに感じてしまうでしょう。
この場合、一刻も早く修理が必要になってきますが、では修理を必要最低限の費用で済ませるためにはどのような方法をとればいいのでしょうか?


まず、中の部品がそれほど損傷していないようでしたら、近くの板金屋などに行って、フォークを修正してもらえばいいでしょうね。
この方法が一番手っ取り早く、かつ安く済む方法かと思いますよ。


しかし、フォークは操作系の部位としてかなり重要な部分です。
なので、修正よりも取り替えた方がいいのかも知れませんね。


その場合は、解体屋さんに行って、同じ車種のフォークを探してみるのはいかがでしょうか。
うまくいけばタダで手に入りますからね。 
ただ、たまに不良品を高値で売る人もいるそうなのでその点は注意が必要です。


また、互換性のある機体(例えばYAMAHAのJOGなら、同じYAMAHAのアプリオとかZXなど)と付け替えるかですね。
あるいは、新品の部品を注文して自分で直すという手もないわけではありません。


あとは、バイク屋でフロントフォークを安価で売ってもらえるケースもあるようですね。
その場合、バイク屋の人にやってもらえるので安心です。
フォークの価格は15000円程度、工賃は8000円程度で行ってもらえるようです。


 

posted by: taka-shuri | - | 11:21 | comments(0) | trackbacks(0) | - |

スポンサーサイト

posted by: スポンサードリンク | - | 11:21 | - | - | - |
コメント
 









トラックバック
 
http://taka-shuri.jugem.jp/trackback/11